介護における地域ネットワーク

介護における地域ネットワーク

現在の日本において「介護」は大きな問題の一つになっています。
昨日も、在宅で奥さんの面倒を見ておられた方が、介護疲れの結果、奥さんを殺害した後で自首するという痛ましい事件がありました。
周囲の方の話では、容疑者の男性はとても責任感が強く、優しい方だったということです。
在宅サービスも利用していたということですが、昔からその地域に住んでいたわけではなく、別荘地に移住された方だという情報でした。
この男性の起こしたような事件を繰り返さないためにはどうすればいいのでしょうか。
ここにある大きな問題の一つは地域の中での介護者の孤立です。
男性が移住者ではなく、昔からその地域に住んでいて、隣近所の方と普段から会話をするような状況にあったら、今回のような事件は起こらなかったかもしれません。
しかし、地域コミュニティが衰退してしまった現在においては、新しい地域に入って濃密な関係を気づくのは困難です。
地域のネットワークを復活させるには何が必要なのか。
そこには新たな専門職の介入が求められていると考えられます。
その一役を担うのは社会福祉士です。
民生委員のようなボランティアでは限界があります。
仕事として地域のネットワークをつなぐ責任を担う専門職が、今こそ求められているのです。

介護ソフトを導入するメリット

介護業務についてはレセプトといって「介護給付費明細書」を作成して国民健康保険団体連合会に請求をする必要がありますが、実施した介護サービスの明細や介護保険適用部分の明細など、一人一人について細かい明細が必要となります。
介護請求業務は事業所にとっての収入源にもなり、最も重要な作業の一つでもありますが、もし1か所でも間違っていれば、その分については請求をやり直したりする必要があります。
社会福祉法人などで、介護事務の専門家が多くいる場合には、時間的にも余裕をもって業務が可能かもしれませんが、小規模の施設や介護職員が兼務でやっているような場合には、かなり負担の大きいものとなっていました。
そこで最近では介護ソフトといって、今まで利用者の方を個別にExcelなどを使って煩雑な請求業務を行っていた分を、サービスプロバイダを通じて行う事ができるようになりました。
この、誰でも簡単で正確に業務ができるように「介護ソフト」を導入する事業所が増えています。
その中でもASP介護ソフトと言われるものは、インターネットを通じてサーバーにアクセスして、IDやログインパスワードで共有して使用できるもので、データを一元化して介護業務が円滑にできるように改善されています。

介護ソフトの関連サイト

介護事業所向けの介護保険請求ソフトです

介護ソフト